PR

 国土交通省は4月3日、2009年度の直轄事業の入札および契約に関する事務の執行について、官房長名で各地方整備局に通達を出した。総合評価落札方式で入札参加者に求める提出資料の簡素化や、契約から着工までの「余裕期間」を最大4カ月に延長する方針を示すなどして、公共事業を円滑に進めるように要請している。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い