PR

補修の計画では、予防保全の考え方が一般的になってきた。損傷が激しくなってから直すという対症療法的な方法ではなく、症状が軽微なうちに補修する。全体でみた補修にかかる手間とコストの削減が目的だ。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料