PR

鋼橋の耐震補強対策として、低降伏点鋼材を用いた制震ダンパーを採用する例が増えている。低降伏点鋼は、SS400などの鋼材と比較して、降伏点強度が3分の1程度と小さく、ひずみは50%以上と延性が高い材料だ。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い