PR

供用中に耐震設計のミスが発覚した首都圏中央連絡自動車道(圏央道)の茨城・阿見高架橋で「かし修補工事」が終了した。全部で5基ある橋脚のうち、3基の橋脚に底版(フーチング)の増し厚を、2基の橋脚にフーチングの増し厚と増し杭をそれぞれ施して耐震補強した。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い