PR

老朽化が進んだ秋田県の山あいの橋。補修は必要だが、代替道路がない。工事に際して道路の封鎖は最小限にとどめたい。そこで、橋脚を残したまま軽量盛り土構造へ変える方法を採用し、道路を使いながら構造物を造り変える

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い