PR

土木構造物の過密配筋の問題は昔からあったものの、1995年の阪神大震災以降に深刻さを増した。土木構造物の耐震基準が強化されたからだ。過密配筋は、単に施工段階だけの問題にとどまらない。過密配筋によってコンクリート打設に問題が生じれば、構造物の品質は低下し、維持管理の段階で多大な手間がかかる。土木構造物のライフサイクルコストを低減するためにも、過密配筋に対する有効な対策を見いだすことが土木分野の重要な命題の一つだ。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

新庄野球を支える日本ハムの新球場に潜入! 五輪後のスポーツ施設を展望
日経BP デジタルサービス会員登録キャンペーン 新規登録会員(無料)になっていただいた方の中から抽選でAmazonギフト券(2,000円分×1万名、1,000円分×2万名)が当たる!
IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

“特等席”から未来づくりの最前線を追う仕事です

あなたの専門知識や経験を生かして、「日経クロステック」の記事や書籍の企画、取材・執筆・編集を担う編集記者(正社員)にトライしませんか。編集の経験は問いません。コミュニケーション能力が高く、企画力や実行力があり、好奇心旺盛な方を求めています。

詳しい情報を見る

日経BPはエンジニアや企画・営業も募集中