PR

土木構造物の過密配筋の問題は昔からあったものの、1995年の阪神大震災以降に深刻さを増した。土木構造物の耐震基準が強化されたからだ。過密配筋は、単に施工段階だけの問題にとどまらない。過密配筋によってコンクリート打設に問題が生じれば、構造物の品質は低下し、維持管理の段階で多大な手間がかかる。土木構造物のライフサイクルコストを低減するためにも、過密配筋に対する有効な対策を見いだすことが土木分野の重要な命題の一つだ。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料