PR

公共事業見直しに、民主党政権はどのような方針をもって臨むのか。前原誠司国土交通相は就任会見で、公共事業の役割について「景気の下支えに一定の効果があることは真実」としつつも、「維持管理には多額な費用を要する」、「予算見直しは当然だ」と述べた。個別の事業について精査する方針を示す一方、地方分権を重視する考えも示した。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い