PR

事業を許可する前に測量などの業務を大量に発注し、契約していたとして国土交通省は11月6日、東日本と中日本、西日本の各高速道路会社を厳重注意した。同省は高速道路を4車線化する事業を2009年度の補正予算に盛り込んでいたが、3社は国土交通大臣が事業を許可した8月28日以前に、4車線化に向けた業務を合計61件、発注して契約していた。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い