PR

国土交通省は1月29日、「建設工事受注動態統計調査」(速報値)の結果を発表した。同調査によれば、2009年の建設工事の年間受注高は前年比17.4%減の合計41兆7030億円。前年よりも9兆円近く減った。2000年4月から調査を始めて以来、年間の受注高が初めて50兆円を割り込み、過去最低に落ち込んだ。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い