PR

国土交通省は2009年度第2次補正予算で新設した「下請債権保全支援事業」を3月1日から開始すると発表した。下請け建設会社などが元請け建設会社に対して保有する請負工事代金や資材代金の債権の支払いを、ファクタリング(売掛債権買い取り)会社が保証する仕組み。元下間だけでなく、“下・下”間も支援するのが特徴だ。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い