PR

圏央道裏高尾橋は、上下部一体発注の先駆けとなった工事だ。現場では、桁の張り出し架設と橋脚の構築が同時に進んでいる。施工者による詳細設計で新技術を採用し、耐震性能を確保しながら使用する材料の量を減らした。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い