PR

道路などのインフラもPFI(民間資金を活用した社会資本整備)の対象としようという内閣府の方針が、市場拡大の期待をもたらしている。PFIのアドバイザリー業務受託1位のパシフィックコンサルタンツの将来の受注目標は、関連業務も含めて年間20億~30億円。「これからは、いっそう全社的な課題として取り組む」と、インフラ分野でのさらなる積み増しを狙う。(ケンプラッツ編集)

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い