PR

中日本高速道路会社は5月28日、第二東名(新東名)高速道路の高架橋の工事で鋼桁の製作にミスがあったと発表した。概略設計の段階で支間長を誤り、その図面に基づいて鋼桁を1m長く造った。鋼桁は実際の支間長に合わせて長さを短くして架ける。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い