PR

大林組は、CO2排出量を普通コンクリートに比べて約8割削減できる「低炭素コンクリート」を開発した。低炭素コンクリートは、製造過程でCO2を排出するセメントの使用量を減らし、その代わりに製鉄過程で副産物として得られる高炉スラグの微粉末などの混和材料を増やす配合とした。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い