PR

日経コンストラクション7月9日号の特集「それでも挑む海外」では、リスクを回避しながら海外事業を受注するための鍵を探った。シンガポールとベトナムを取材して浮かび上がったキーワードの一つが「現地化」だ。例えば、現地の技術者を育成することで、発注者との交渉力を高める。現地スタッフのネットワークを活用し、受注につなげる──。こうしたローカライズ(現地化)戦略で、佐藤工業シンガポール社の年間完成工事高は、過去5年以上200億~250億円で推移している。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い