PR

ドイツの化学大手BASFは、同社が開発した締め固め不要で流動性の高い自己充てん型の「スマートダイナミックコンクリート(SDC)」を、中国で建設中の上海タワーの基礎スラブ工事に採用し、打設時間の短縮につなげた。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い