PR

「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」(岩崎夏海著)という長いタイトルの本がミリオンセラーになった。タイトルが長いので、マスメディアなどでは「もしドラ」と略されている。知の巨人とも称されるピーター・F・ドラッカーのマネジメント論や組織論を、小説仕立てでかみ砕いた内容だ。ドラッカーが再び脚光を浴びるきっかけにもなっている。ところで、「もしドラ」と発注者責任とが、どう関係するのか。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い