PR

政府の行政刷新会議は10月28日に開催した事業仕分けで、社会資本整備事業特別会計を「廃止」と判定した。同会計の空港勘定は、廃止したうえで歳出を合理化するなど抜本的に見直す。治水、道路整備、港湾、業務の各勘定は一般会計化する。そのほか、道路や港湾の予算要求は「10~20%圧縮」、スーパー堤防事業は「廃止」と判定した。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い