PR

羽田空港で4本目となるD滑走路が供用を開始した10月21日、国際線専用の新たなエプロン(駐機場)も供用を開始した。埋め立てと桟橋のハイブリッド構造の採用で工事中も話題を集めたD滑走路に比べ、造成や舗装が中心のエプロンは地味だ。しかし、エプロンにこそ、これからのインフラ整備・運営のヒントが詰まっている。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い