PR

東日本高速道路会社は11月29日、入札前に詳細設計の実施を求める設計・施工一括発注方式を採用した東京外環自動車道(外環道)市川中工事の入札で、鹿島・大林組・鉄建JVが429億8000万円で落札したと発表した。約486億円の調査基準価格を下回っていたが、東日本高速は約2週間の調査の結果、履行可能と判断した。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い