PR

2011年度の公共事業費は、10年度より減少する見通しだ。政府の「元気な日本復活特別枠に関する評価会議」(議長:玄葉光一郎・評価会議担当大臣)が12月1日に公表した各府省からの要求に対する評価結果によると、国土交通省の46項目のうち20項目が、「A」~「D」の4段階評価で低い方の「C」または「D」だった。これらの項目は予算を認められないか大幅に減額される可能性が高い。評価会議は3日、評価結果と各府省からの要望を予算編成に関する閣僚委員会に提出した。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い