PR

インフラのストックをどのように活用するかがより重視される時代になってきた。補修や補強の技術だけでなく、既設構造物も活用しながら機能を再生する「大改造技術」が必要だ。日経コンストラクション12月10日号の特集「ストック時代の大改造技術」では、土木構造物を改造する手法を三つに分類し、それぞれの工夫で難条件を克服した事例を取り上げた。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い