PR

熊谷組は、リアルタイムで音を視覚的に表示する装置を小型化した「小型リアルタイム音カメラ」を開発した。音の発生方向や大きさなどの情報を即座に簡単に確認できるので、音環境調査などでの作業効率や信頼性の向上に役立つ。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い