PR

国土交通省の地方整備局などが2009年度に発注した調査・設計業務で、総合評価落札方式が約2割を占めた。その割合は08年度の2.5%から約8倍に増えており、業務で総合評価の採用が拡大している状況がうかがえる。同省が10年12月22日に発表した資料で明らかにした。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料