PR

愛知県豊橋市で1月11日午前9時30分ごろ、豊川橋の橋脚の工事中に60歳代の潜水士が水中で身動きできなくなる事故が発生。30歳代の別の潜水士が救助に向かったが、約20分後、無線連絡が不通になったことから命綱で引き上げると意識不明になっていた。最初に被災した潜水士は約7時間後の午後4時20分ごろ、豊橋市消防本部と名古屋海上保安部の潜水士などに救助されて無事だった。事故の詳細や原因は、1月17日時点で調査中だ。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い