PR

戸田建設と川崎地質は共同で、コンクリート構造物の任意の深さで性状を確認し、劣化の深さを現位置で把握する「孔内局部載荷試験器」を開発した。戸田建設によると、従来、現位置で劣化の深さを特定する試験方法はなかった。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い