PR

鹿島道路と住友大阪セメントは、高耐久型エポキシ系接着剤「KSボンド」を使うコンクリート床版上面増し厚工法を共同開発した。接着剤を使わない従来工法に比べ、打ち継ぎ目地部の剥離の抑制や、押し抜きせん断耐力の向上、遮塩性能の向上といった効果がある。KSボンドは鹿島道路が開発した。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い