PR

何が反省点で、今後どうしたらいいのか──。国土交通省関東地方整備局は公共事業の事後評価の際に、得られた知見を説明資料に盛り込む取り組みを始めた。事業から得た教訓を次年度以降に生かそうという試みだ。1月14日の事業評価監視委員会(委員長:家田仁・東京大学大学院教授)で採用した。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い