PR

国土交通省は2月22日、「国土の長期展望」の中間取りまとめを公表した。現状のまま人口の減少が続いた場合、2050年には日本の総人口は1億人を下回ると推計。6割以上の地域で人口が半分以下になるほか、現在は人が居住している地域のうち、約2割は居住者がいない地域になるとみている。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い