PR

首都高速道路会社は3月28日、東日本大震災で損傷した箇所の補修工事をすべて終え、全区間の通行が可能になったと発表した。震災を受けて同社は、管理する合計301.3kmの道路を11日にいったん通行止めにして緊急点検などを実施。損傷を確認した29カ所で応急復旧工事を進めるとともに、安全を確認した区間から順次、通行止めを解除してきた。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い