PR

国土交通省東北地方整備局は3月31日、岩手県と宮城県、福島県を走る直轄国道の応急復旧状況について発表した。福島第一原子力発電所の事故によって立ち入りが規制されている区域内を除き、3県の直轄国道の総延長は1117km。このうち、99%に当たる1109kmの通行が可能になった。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い