PR

転職を繰り返していた高原良太(27歳)は、旅の途中で大地震に遭遇した。そこで懸命に災害復旧活動をする建設会社の人たちの姿を見て、工事監督になろうと決心する。その後、震災地である地元の大高土木興業へ入社するのである。昔流の現場たたき上げで仕事をしている建設会社とは知らず、社会貢献できる仕事に魅力を感じた純粋な主人公の成長を描いていく。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い