PR

東日本大震災での津波被害は想定をはるかに超えるものだった。ギネスブックに登録された湾口防波堤や万里の長城と称された防潮堤などに一定の対策効果はあったものの、沿岸各地に大きな傷跡を残した。これまで以上の防波堤の整備は、多大なコストが掛かり、工期も長期間にわたる。今後の対策では、ハード対策とソフト対策のバランスを考えることも重要になる。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い