PR

老朽化した跨線橋との離隔14cmの位置に、直径3mの場所打ち杭を施工する。軟弱地盤なので、掘削中やコンクリートの打設中に、既設橋の許容値を超える変位が懸念された。既設橋をアンダーピニングで支持し、変位を計測しながら慎重に打設した。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い