PR

東日本大震災で甚大な被害を受けた海岸保全施設の本復旧に向けて、基本的な考え方を検討する「海岸における津波対策検討委員会」(座長:磯部雅彦・東京大学大学院新領域創成科学研究科教授)の初会合が4月28日に開かれた。委員会は学識経験者のほか、国土交通省や農林水産省、水産庁、都道府県の担当者などからなる。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い