PR

福島県郡山市の県中浄化センターの下水汚泥から放射性セシウムが検出された問題で、住友大阪セメントは同センターの下水汚泥を使って栃木工場で生産したセメントの安全性を確認。13日から出荷を、14日から生産をそれぞれ再開した。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料