PR

日立造船は米国のGPSソリューションズ社と共同で、GPS(全地球測位システム)を利用して電子基準点から約1000km先の潮位や地表の座標をリアルタイムで観測できるPPP-AR測位法を開発した。東日本大震災で、津波をできるだけ遠方で早期に検知する重要性が再認識された。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い