PR

大林組は、トクヤマ(東京都渋谷区)と萩原工業(岡山県倉敷市)と共同で、道路橋の床版を小型設備を使って上面増し厚補強する「タフスラブ・ラピッド工法」を開発した。ポンプ圧送できる流動性の高い特殊なモルタルを開発したことで、従来工法に比べて製造設備や施工機械は小型のもので済む。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い