PR

土木学会と電気学会は7月13日、情報通信技術(ICT)を活用した「耐災」に関する提言を発表した。津波検知システムの高度化や大渋滞の発生防止のほか、電源が喪失したり携帯電話がつながりにくくなったりした東日本大震災の反省を踏まえて、非常用の電源や通信の確保策も盛り込んだ。耐災とは、土木学会が提案している概念で、災害を未然に防ぐ「防災」と被害を軽減する「減災」の2段階の対策を指す。

この記事は有料会員限定です

【SE応援割開始】月額プランは8月末まで無料

>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【SE応援割開始】月額プランが8月末まで無料!
日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)