PR

長崎大学と佐賀大学、計測リサーチコンサルタント(広島市)、K&Tこんさるたんと(千葉県柏市)は共同で、専用のスキャナー装置を使ってPC(プレストレスト・コンクリート)構造物に作用している応力を測定する「スリット応力解放法」を開発した。計測結果からプレストレス量を推定できる。PC橋などの維持管理に際して、部材の状態を把握するのに役立つ。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い