PR

「Lパワーは、私の事業の賭け。社運を懸けている」。名古屋市内から高速道路を車で約1時間、清流長良川が流れる山あいの街、岐阜県郡上市で土木建設業を営む北栄建設の山本猛社長はそう訴える。Lパワーとは、山本社長が2004年に発案した木造住宅の耐震補強工法。特殊鋼(ばね鋼)を用いて製作したL字形金具を柱と梁の仕口部に取り付ける。金具自体が変形・復元することで、地震による建物への負荷を吸収して、建物の耐震性を向上させる。シンプルな工法ながら、08年には特許を取得。10年にも日本建築防災協会から「耐震性を向上できる補強方法である」との技術評価を得た。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い