PR

飛島建設とムーヴ(東京都府中市)は、レーザー距離計を使って山岳トンネルの地盤変位をリアルタイムに検知し、切り羽の押し出し量などの地盤変位を1秒間隔で多点同時に連続計測する「切り羽安全監視システム」を共同開発した。計測精度は±1mm以内。自動追尾型トータルステーション(TS)の変位計測より導入費用が大幅に低減する。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い