PR

津波で橋桁が流失した国道45号気仙大橋のすぐ脇に仮橋を設置する。工事を担当する東亜建設工業は、橋桁の架設などに海洋工事のノウハウを全面的に生かすことで、着手後約3カ月間で開通にこぎ着けた。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い