PR

大成建設は、ICT(情報通信技術)を活用して三次元座標と時間の四次元でダムを施工管理するシステム「4D-DIS(仮称)」を開発し、実際のダム建設工事に導入した。発注者と施工者が施工情報をリアルタイムで共有できるとともに、監督・監理業務の効率化、トラブル対応の迅速化などに有効だ。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い