PR

西松建設は佐賀大学の伊藤幸広准教授と共同で、コンクリート構造物のひび割れ部の補修に使う注入材を発光させて、充填状態を確認する技術を開発した。エポキシ樹脂系とポリマーセメント系の注入材、どちらにも適用できる。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い