PR

滋賀県は10月4日、2012年9月に無料開放を予定している近江大橋の通行料金の徴収を、2013年12月まで延期する方針を県議会の政策・土木交通常任委員会に報告した。同橋の補修や補強に約27億円が必要になると見込んでおり、無料にするとこれらの費用をすべて税金で賄うことになるので有料の期間を延長する。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い