PR

2010年度に国土交通省が発注した建設コンサルタント業務のうち、プロポーザル方式が占める割合は20%で、2年連続して減っていることが明らかになった。国交省が9月29日に開催した「調査・設計等分野における品質確保に関する懇談会」(座長:小沢一雅東京大学大学院教授)で報告された。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い