PR

東日本大震災や広範囲にわたって大雨による被害をもたらした大型台風など、今年は防災について改めて考えるきっかけとなるような自然災害が目立つ。毎年、ある程度の確率で直面する地震や風雨による被害をできるだけ少なくするために、土木分野ではIT(情報技術)を活用した様々なシステムが開発され、危険な箇所や被災現場に導入されている。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い