PR

東京地下鉄(株)が発注した線路の立体交差化工事で10月4日午前8時54分ごろ、くりぬいた換気口の壁の一部が約8m下のケーブルの上に落下。信号ケーブルを切断し、有楽町線と副都心線の小竹向原駅~池袋駅間が8時間18分にわたって不通になった。くりぬいた壁は鉄筋コンクリート製。約70cm×70cmの大きさで、厚さは60cm、重さは約700kgに及ぶ。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い