PR

東急建設は、都市部の作業スペースが狭い高架橋柱の耐震補強に適した「CBフープ工法」を開発した。既設の柱に、分割した帯鉄筋を配置した後、モルタルを吹き付ける。鉄筋コンクリート(RC)巻き立て工法の一種に分類されるが、型枠を使わない分、コストと工期を低減できる。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い